カードローンをまとめたいなら知っておこう

カードローンは、手軽に借りられ、しかも、初めての利用は30日間無利息といった業者が多く存在します。
そのせいか、次々に新しい業者に申し込み、何枚もカードを保有している人が少なくありません。
保有しているだけで、使っていないなら別ですが、それぞれ使い込んでいると、返済に負担が生じます。
利息がかさんで金銭的に返済に困るだけでなく、返済日がバラバラで管理がしにくく、返済日をうっかり忘れて遅延損害金が生じるケースもあるかもしれません。
特に給料日前に返済日が来るカードは、要注意です。
こうした管理しにくいカードローンを一本化できるのが、おまとめのメリットです。
返済の管理がしやすくなるだけでなく、現在適用されている金利よりも、低金利で借りることができれば、支払利息も軽減できる可能性があります。
もっとも、利息の軽減や返済総額の軽減を目指したい場合には、事前にシミュレーションすることが大切です。
利率が高くても、返済期間が短い場合、新規で借り入れすることで逆に利息総額が増えてしまうこともあるからです。
インターネット上では、おまとめしたほうが得になるかシミュレーションできるツールもあるので、利用してみましょう。
おまとめローンには、実は種類があります。
普通のカードローンとして、新規で借り入れをして、そのお金で自分で以前借りたを全額返済するのが1つです。
たとえば、10万円、15万円、20万円、30万円と合計75万円のカードローンを4枚持っていたとしましょう。
これを新規で利用可能額75万円以上で借り入れをし、借りた金額で4枚分を全て返済します。
それ以降は、新規の1枚のみを返済していくという流れです。
各業者への全て自分でしなければなりません。
返済するといっても、全額返済が原則で、既存債務に利息をつけて完済を目指します。
確実に実行しないと、ローンが増えただけで終わってしまうので注意しましょう。
もう1つのパターンは、おまとめ専用のタイプです。
このタイプでは、新規で申し込んだ貸金業者にて、借入金を申込者に貸し出すのではなく、既存の債務を貸し付けている業者に直接返済を行ってくれます。
自分でいちいち返済する手間が省けるとともに、つい魔が差して、他の用途に借入金を使ってしまうという心配がありません。
また、このタイプでは、貸金業法による総量規制が適用されない場合もあります。
おまとめによる借金の計画返済をサポートして、多重債務の解消を図る趣旨であるため、年収の3分の1までしか借りられないという総量規制が適用されないのです。
新規の借入金は確実に既存債務の返済に回すことができ、それ以降は、その1本のみを返していく形になります。
このタイプでは、これまでのカードローンのように必要に応じて借りることはできません。
返済専用になります。
そのため、しばらくは新たな借金は作らず、既存債務を解消させるために集中したい方には特におすすめです。