おまとめローンを上限金利から考える

昔はローンを組む際には2つの法律によって決められていましたが、最近法律の改正というものが行われてからは利息制限法と言う法律のみに縛られています。
その法律には元本の金額が10万円未満の場合は年利20%まで・10万円以上100万円未満の場合は18%・100万円以上は15%と言うように決まっています。
通常のローンの場合は契約の間に金利が変更すると言うのは考えにくいので、あまり意識する必要がないのですが、おまとめローンの場合はこれらを知っておくことで時としてかなり有効な武器となります。
例えば、自分のローン元本が50万円×2社である場合は2社それぞれにおいてローンの上限金利が18%までになります。
この時にどちらか片方の会社にまとめた場合は借り入れの元本が100万円となるので、上限金利は15%までとなるからです。
年利18%から15%になるということは1ヶ月辺りで0.25%金利が下がることで、金額に直すと2500円ほどになります。
ローン契約を行う場合は、分割払いを意識することが多く返済自体がかなり長期になります。
1ヶ月で2500円で1年で30000円・2年で60000円と言うように差額金額が大きくなるので、金利の引き下げはおまとめローンにおいて大変重要な要素となります。
次に、まとめ先のローンについて考えてみます。
この場合は、上限金利が下がる金額まで予め枠を申し込んでおくことが重要です。
と言うのも、ローンの契約の種類によっては上限金額が100万円未満などというように定められている場合があるからです。
自分の借り入れが45万×2社である場合、には2社を1社にすることが出来ればメリットがあると考えられるかもしれません。
ですが、ローン枠の上限が90万円などのように100万円未満の枠で借入件数を減らしても金利が下がることがないので、メリットは半減してしまいます。
なので、おまとめローンを考える際には出来るだけ融資枠の大きいローン契約を選ぶのが非常に重要な要素となります。
最近では、カードローンがかなりおすすめです。
カードローンは融資を行う会社が各自の会社独自の審査形態にて融資を決定するので、申し込みを行ってから融資決定までのスピードが速いことと、申込の際には担保を設定しなくても融資金額が大きいローン形態となっています。
特に銀行系のカードローンの場合は無担保で審査状況によっては1000万円近くまで審査をすることができるので、複数の会社のローンを一括にするのにかなりおすすめのローンとなっています。
私も以前に何度かカードローンを申し込んだことがあるのですが、基本的な申し込みはクレジットカードを作る場合などと同様の形式にて申し込みを行うことができるので、迷いなく申し込みを行うことができました。
クレジットカードと違いショッピングの枠は無いのですが、現金の融資のみに焦点を絞った場合は、カードローンが最もおすすめです。