先日メルマガ会員様に送ったベストケンコーについて、体験談を書いてみました。

私は父の発毛体験を通じて、現代の医薬品の力の凄さを実感しました。
近年の医学の力を用いれば、薄毛を医薬品で治療することができるのですね。
私の父は長年薄毛に悩まされていたのですが、チャップアップという医薬品のおかげでその症状を完璧に改善することに成功しています。
父が薄毛を改善したのは2年前のことでした。
若いころからギターが趣味だった父の現在の職業は、楽器店の店長です。

そんな父は今でもバンド活動をしているので、私は大学の友達を連れて時々父のライブを観に行きます。
父のステージでの姿を見て友達は格好いいねと言ってくれるのですが、いつもその言葉の後に、髪の毛がフサフサならもっと格好良いのになと付け加えられてしまいます。
父はちょっと髪が薄いのですが、友達にはそれがマイナスポイントに見えているようです。
私が友人の感想を伝えると、父は薄毛は遺伝なんだからしょうがないよと言って笑っていました。

確かに祖父も薄毛だったので、遺伝が父の薄毛の要因になっているのかもしれません。
ですが、私がインターネットで調べたところによると、遺伝は薄毛の原因となるが、それだけでは薄毛にならないようです。
近年、多くの男性の薄毛についてAGAという名称が付けられているのですが、このAGAは男性ホルモンの影響によって髪の根元が弱くなることで発生するそうです。
全ての男性が薄毛になるわけではないという事実を考慮すると、男性ホルモンの影響を受けやすい体質を遺伝で引き継いでいる男性が、薄毛になりやすいことになります。
これを逆にいえば、そうした体質を持っていたとしても、薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制できれば薄毛は改善できるはずです。

ここまで予想した上で、私はAGA治療薬であるチャップアップの存在を突き止めました。
果たしてその治療薬は、まさに薄毛の原因となる男性ホルモンの発生を阻害してAGAを改善する医薬品だったのです。
私は自分で研究した成果を父に伝えました。
すると意外なことに、父もAGA治療薬のことは知っていたようでした。

父がいうには、AGA治療薬は高額だから気軽に購入できないのだそうです。
そういって溜め息を漏らす父に対し、私は個人輸入代行業者ならAGA治療薬を安く買えるらしいと伝えました。
私はAGA治療薬のことを調べる内に、個人輸入代行業者を使えば病院よりも安くチャップアップを入手できることを突き止めていたのです。
私の言葉を聞いた父は、その場でインターネットを使って個人輸入代行業者を調べました。

そして、ある個人輸入代行業者でチャップアップが5千円で販売されているのを見て、購入を決めたのです。
それ以来、父は1年半ほどAGA治療薬の服用を続けました。
そして、若いころのようにフサフサした髪の毛を取り戻すのに成功したのでした。

※追記
私が調べて、利用している個人輸入代行の評判はこちらです・・・
ベストケンコーの評判が多数掲載されているサイト

ベストケンコーで取り扱われているジェネリック医薬品は世界の公的機関で認められた高品質医薬品のみなので安心して毎日服用できる、お財布にも嬉しい医薬品です。
私は男性型脱毛症(AGA)で近くに対応する病院がなく悩んでいたのですが、こちらのサイトでは新薬、ジェネリックどちらのAGA治療薬も取り扱っているので治療に取り組みやすくなって非常に重宝しています。

※上記のサイトより一部引用

髪を取り戻してからというもの、父は以前より明るくなったようです。
つい先日、私は久しぶりに友達を父のライブに連れて行ったのですが、髪の毛を取り戻した父を見て驚いていました。
父の髪を取り戻してくれたチャップアップには感謝しています。

※注意
今回は個人的な記事を書いてみましたが、基本的には金融系の情報を配信していきます。

ベストケンコーの評判が多数掲載されているサイト

おまとめローン前にすべきこと

急にお金が必要になったとき、カードローンでお金を借りて、返済中に、再度お金が必要になるというのは、決して稀なことではありません。
そんなとき、前回借り入れした銀行や消費者金融以外のから借りてしまうということもよくあることでしょう。
緊急性が高ければ審査から融資までを少しでも早く行ってくれる金融機関を選ばなければなりませんから、致し方ないことです。
ただ、そんなことが度重なり、複数社の金融機関から借り入れてしまうと、平均の借入利率が高くなってしまいます。
言い換えれば利息で損するということです。
カードローンやキャッシングなどの金融商品は、平成22年の貸金業法改正により、その借入金利は、これまでのグレーゾーン金利が撤廃され、利息制限法に従うことになりました。
従来のグレーゾーン金利は何円借入しようが、貸金業者側で上限の29.2%に設定されれば、借り手はそれに従わざるを得なかったのは事実です。
しかし、利息制限法の場合は、借入金が10万円と100万円のところで、法定上限金利の変わり目があります。
10万円未満では年利20%、以上では18%、また100万円以上では15%に法整備されているのです。
言い換えれば10万円未満を複数社から年利20%で借りている人もいれば、数10万円、合計100万円超を複数社から年利18%で借りている人もいるでしょう。
そこで登場したのがカードローンを1社にまとめるローンです。
これにより、どんなに法定金利ギリギリの高利で貸し付ける貸金業者でも、許認可を受けた業者であれば、確実に借入金利が下がります。
しかし、まとめる前にやっておかねばならないことがあります。
おまとめローンした金融機関では、他社借り入れ分を融資してくれますので、それにより他社へは即金払いで一括返済するのが一般的です。
その際、もしも他社の中に、法改正以前の貸付に関して利息制限法に従わない業者がいれば、決してその分を払ってはいけません。
払う前に過払い請求を忘れてはならないということです。
過払い請求は現在も借入残高があるのであれば時効はありません。
しかし一度完済してしまうと再請求しにくくなるのです。
この場合は弁護士や司法書士など専門家に仲介してもらい、最悪は裁判所を通じ、返済を凍結させるという手もあります。
次に留意したいのがおまとめ後の新たな借り入れです。
このローンを利用すると、利用者だという信用情報が各社に流れます。
その情報を元に、各社はその利用者に対して、一般的には新規の貸し出しはしません。
そこでもしも再度急にお金が必要になってしまったら、正規な許認可業者はどこも貸してくれませんから、ついつい闇金と呼ばれる無法業者に手を出してしまうことです。
そうならないためには、計画的な返済計画を立てることが第一にすべきことですが、もうひとつはおまとめした金融機関が追加融資してくれるかどうかがカギを握ります。
また、例えば20万円を4社から借入していて総額が100万円に達しない方などは利用してもメリットがない場合もありますので、しっかりとその金融機関でシミュレーションしてもらうことが肝要です。

カードローンのおまとめを利用しましょう

カードローンは、担保や保証人がなくても融資が受けられるため、利用をしている方が増加しています。
ATMを使ってお金を借りることができたり、指定の銀行口座にお金を入金してもらえるので利便性が高いのが特徴になっています。
その利便性の高さから、ついついお金を借りてしまい複数の貸し金業者に債務が出来てしまった方も多いのではないでしょうか。
複数の貸し金業者から、融資を受けていると、金利が膨れ上がり毎月の返済額が大きくなってきます。
毎月返済をしていても、元金がなかなか減らなかったり、返済をするのが困難になっている方も多いです。
自己破産などの債務整理をすると、その後の生活に支障が出てしまうため、なるべく避けるようにしたいものです。
カードローンをひとつにまとめるおまとめローンを利用することで、金銭の管理がしやすくなるのでお勧めしたいです。
債務をまとめることで、毎月の返済日が一日になりますし、金利の負担を減らすことができるので債務を完済しやすくなります。
銀行などの金融機関で申し込みが出来ますが、一定の審査基準を満たしている必要があります。
銀行は、低金利で利用できるので審査基準が厳しくなっているため、継続して安定した収入があることが条件です。
借金の総額が100万円を超えてしまった場合は、信頼できる金融機関で相談をすることが大事です。
債務整理の自己破産の場合は、生活に必要なものや3ヶ月分の生活費以外の住宅や自動車、生命保険などを手放さなくてはなりません。
クレジットカードを作ったり、自動車のローンを組むのも、一定の期間を超えてからでないと利用できなくなるため、債務からは開放されますがデメリットも大きいです。
おまとめローンは毎月債務を返済していく必要がありますが、大切な財産を処分する必要がないですし、残りの債務を完済しやすくなります。
なるべく低金利で利用できる、信頼できる金融機関を選ぶことが大事です。
カードローンは利用限度額の範囲までは利用できますが、自分の収入やライフスタイルに合わせて利用をしないと、後で返済に困ることになるので計画的な利用をすることが大事です。
複数の貸し金業者に債務が出来てしまった場合は、お金の使い方を見直すようにしましょう。
金融機関の窓口に行くと、親身になって相談に乗ってくれるので、借金の総額がいくらぐらいあるか正直に話すことが大切です。
支払日が毎月一回になるので、払い忘れるということは少なくなりますし、利用明細もパソコンやスマートフォンから確認できます。
長期間の利用になることがほとんどなので、返済計画をきちんと立てておく必要があります。
カードローンをひとつにまとめることで、債務の負担を減らすことができますが、安易にお金を借りることがないように注意をするようにして下さい。
利用を検討している方は、事前に必要な書類を準備しておくことが大切です。
多くのメリットのある返済方法なので、幅広い年代の方にお勧めしたいです。

カードローンをまとめよう

カードローンは手続きも簡単に行うことができ、融資も迅速に対応してもらうことができ、数ある融資の中でも特に利便性に優れていると言えます。
その用途も自由なので、生活費にしたり、急な冠婚葬祭に利用したり、レジャーや旅行に利用したりとそれぞれの希望に合う使い方が可能です。
借入の際も来店せずにインターネットや電話でも手続きできますし、返済についても、コンビニATMやネット決済も利用できますので、こちらも来店の手間はかかりません。
カードローンは1社だけという方もあれば、3社、4社と複数社を利用している場合もあります。
この場合、気をつけなくてはいけないのが、それぞれ期日が違いますので、うっかり返済を忘れてしまうということです。
返済を忘れてしまうと、遅延損害金も発生し、余計なお金が必要となってしまいますし、遅延を繰り返すことは、信頼を落としてしまうことにもつながります。
それゆえに、管理はしっかり行い、返済を怠らないよう気をつけましょう。
信頼が落ちてしまうと、今後ローンを組むときなどに不利になってしまう場合もあります。
金融業者では、返済日が近づくとメールで知らせてくれるサービスもありますので、そうしたサービスも活用してみると良いでしょう。
さらに複数の業者から借り入れている場合は金利も気になるところです。
一般的には、小額の借入のほうが金利が高く、高額の借入をするごとに金利が安くなる傾向があります。
それゆえに、同じ金額を借り入れている場合でもまとまった金額を一ヶ所から借りている人に比べ、小額の借入を複数している場合のほうが金利はより多く支払わなくてはいけません。
それゆえに複数社から借りている方の場合は、毎月きちんと返済しているつもりでも利息が高いためになかなか元金が減らないという悩みが発生する場合もあります。
借金の返済が厳しい場合は、債務整理という方法もありますが、そうなるといわゆるブラックリストに掲載されることとなりますし、できれば避けたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
債務整理を行わなくても、返済をより楽にできる方法はあります。
借金の返済をより楽にするなら、複数の借入をひとつにまとめることも考えてみましょう。
いわゆるおまとめローンと呼ばれる借入方法ですが、複数あった借金もひとつになりますので、管理も楽になります。
消費者金融などの高金利のローンを利用していた場合なら、銀行の低金利のローンに借り替えればかなり金利の負担も抑えることができ、返済もより順調になります。
おまとめローンの場合も、基本的に無担保、無保証で利用できますし、手続きも一般的なカードローンと変わりなく行うことができます。
返済が楽にできるのはメリットですし、いわゆる多重債務の状態ではなくなりますので、新たにローンを組みやすくなります。
とはいえ、すぐに借入を増やすと、また返済で悩む場合もありますので、まずは今の借金を順調に減らしていきましょう。

カードローンをまとめたいなら知っておこう

カードローンは、手軽に借りられ、しかも、初めての利用は30日間無利息といった業者が多く存在します。
そのせいか、次々に新しい業者に申し込み、何枚もカードを保有している人が少なくありません。
保有しているだけで、使っていないなら別ですが、それぞれ使い込んでいると、返済に負担が生じます。
利息がかさんで金銭的に返済に困るだけでなく、返済日がバラバラで管理がしにくく、返済日をうっかり忘れて遅延損害金が生じるケースもあるかもしれません。
特に給料日前に返済日が来るカードは、要注意です。
こうした管理しにくいカードローンを一本化できるのが、おまとめのメリットです。
返済の管理がしやすくなるだけでなく、現在適用されている金利よりも、低金利で借りることができれば、支払利息も軽減できる可能性があります。
もっとも、利息の軽減や返済総額の軽減を目指したい場合には、事前にシミュレーションすることが大切です。
利率が高くても、返済期間が短い場合、新規で借り入れすることで逆に利息総額が増えてしまうこともあるからです。
インターネット上では、おまとめしたほうが得になるかシミュレーションできるツールもあるので、利用してみましょう。
おまとめローンには、実は種類があります。
普通のカードローンとして、新規で借り入れをして、そのお金で自分で以前借りたを全額返済するのが1つです。
たとえば、10万円、15万円、20万円、30万円と合計75万円のカードローンを4枚持っていたとしましょう。
これを新規で利用可能額75万円以上で借り入れをし、借りた金額で4枚分を全て返済します。
それ以降は、新規の1枚のみを返済していくという流れです。
各業者への全て自分でしなければなりません。
返済するといっても、全額返済が原則で、既存債務に利息をつけて完済を目指します。
確実に実行しないと、ローンが増えただけで終わってしまうので注意しましょう。
もう1つのパターンは、おまとめ専用のタイプです。
このタイプでは、新規で申し込んだ貸金業者にて、借入金を申込者に貸し出すのではなく、既存の債務を貸し付けている業者に直接返済を行ってくれます。
自分でいちいち返済する手間が省けるとともに、つい魔が差して、他の用途に借入金を使ってしまうという心配がありません。
また、このタイプでは、貸金業法による総量規制が適用されない場合もあります。
おまとめによる借金の計画返済をサポートして、多重債務の解消を図る趣旨であるため、年収の3分の1までしか借りられないという総量規制が適用されないのです。
新規の借入金は確実に既存債務の返済に回すことができ、それ以降は、その1本のみを返していく形になります。
このタイプでは、これまでのカードローンのように必要に応じて借りることはできません。
返済専用になります。
そのため、しばらくは新たな借金は作らず、既存債務を解消させるために集中したい方には特におすすめです。

おまとめローンを上限金利から考える

昔はローンを組む際には2つの法律によって決められていましたが、最近法律の改正というものが行われてからは利息制限法と言う法律のみに縛られています。
その法律には元本の金額が10万円未満の場合は年利20%まで・10万円以上100万円未満の場合は18%・100万円以上は15%と言うように決まっています。
通常のローンの場合は契約の間に金利が変更すると言うのは考えにくいので、あまり意識する必要がないのですが、おまとめローンの場合はこれらを知っておくことで時としてかなり有効な武器となります。
例えば、自分のローン元本が50万円×2社である場合は2社それぞれにおいてローンの上限金利が18%までになります。
この時にどちらか片方の会社にまとめた場合は借り入れの元本が100万円となるので、上限金利は15%までとなるからです。
年利18%から15%になるということは1ヶ月辺りで0.25%金利が下がることで、金額に直すと2500円ほどになります。
ローン契約を行う場合は、分割払いを意識することが多く返済自体がかなり長期になります。
1ヶ月で2500円で1年で30000円・2年で60000円と言うように差額金額が大きくなるので、金利の引き下げはおまとめローンにおいて大変重要な要素となります。
次に、まとめ先のローンについて考えてみます。
この場合は、上限金利が下がる金額まで予め枠を申し込んでおくことが重要です。
と言うのも、ローンの契約の種類によっては上限金額が100万円未満などというように定められている場合があるからです。
自分の借り入れが45万×2社である場合、には2社を1社にすることが出来ればメリットがあると考えられるかもしれません。
ですが、ローン枠の上限が90万円などのように100万円未満の枠で借入件数を減らしても金利が下がることがないので、メリットは半減してしまいます。
なので、おまとめローンを考える際には出来るだけ融資枠の大きいローン契約を選ぶのが非常に重要な要素となります。
最近では、カードローンがかなりおすすめです。
カードローンは融資を行う会社が各自の会社独自の審査形態にて融資を決定するので、申し込みを行ってから融資決定までのスピードが速いことと、申込の際には担保を設定しなくても融資金額が大きいローン形態となっています。
特に銀行系のカードローンの場合は無担保で審査状況によっては1000万円近くまで審査をすることができるので、複数の会社のローンを一括にするのにかなりおすすめのローンとなっています。
私も以前に何度かカードローンを申し込んだことがあるのですが、基本的な申し込みはクレジットカードを作る場合などと同様の形式にて申し込みを行うことができるので、迷いなく申し込みを行うことができました。
クレジットカードと違いショッピングの枠は無いのですが、現金の融資のみに焦点を絞った場合は、カードローンが最もおすすめです。